2020.07.26

まだまだコロナ感染症(COVID-19)にさらなる最大の警戒が必要です。

連日のコロナ関連情報で皆様方も更なる警戒が必要と思われていることでしょう。
弊社は皆様方のライフラインである上下水道施設のメンテナンスを行っております。それも水際及び水中(潜水)の分野でお手伝いをさせていただいております。
下水道の排水からコロナウイルスを監視しているようですが、そのような水の中でも対策を施し着実な業務を行います。
是非、お声がけください。
2020.07.10

まだまだコロナ感染症(COVID-19)に最大の警戒が必要です。

まだまだコロナです。油断せずに自己防衛で行きましょう。
ワクチンや特効薬が一般的に出回ることができて安心感を得られると思います。
”私は大丈夫”が一番の油断です。
「自分はコロナ感染症にかからない」のではなく「もし自分がコロナ感染症にかかったら周りの人にうつす危険性があり迷惑をかける」と考え、意識を変えましょう。
時間経過とともに慣れてきたので「もうコロナ感染症にはかからないな」などとの憶測はやめましょう。
健康第一です。
2020.06.30

都下水の有明水再生センター流入渠劣化防止工事が終わりました。

前年度より続いていました有明水再生センターの工事が完了しました。
弊社は水路の締切りに関する作業を担当しました。設置した角落しの撤去及び止水板の撤去を行いました。
皆様のライフラインの維持工事です。確実な作業を心がけています。
2020.06.27

江の島ヨットハーバーの北側桟橋が新しくなりました。

6月の上旬から江の島ヨットハーバー北側桟橋の更新工事を行っていました。
45ft~50ftのヨットを係留する桟橋です。数十年使用されてきた旧桟橋を撤去すると同時に新桟橋を現地で製作し撤去場所に取付け、すぐに大型ヨットを係留するという流れでとてもタイトな現場でした。
6/27にすべてが完了し、引渡しとなりました。
江の島にお出かけの際は是非ともヨットハーバーの船舶と一緒に桟橋も見てください。
2020.05.19

求人内容について

弊社はハローワークに求人を出しています。その他の求人サイトも活用していますが。
内容を見たうえで問い合わせがあるはずなのですが、フリーランス経験者に多く有りがちなのが要相談的に解釈をして連絡をされてくる方がいます。本人の経験からの実力も見ないで給与金額の相談などはあり得ないです。複数年働いて会社に貢献されたうえでの相談はありますが、自画自賛で実力を買って欲しいなどは時代錯誤です。
弊社は試用期間を3か月考えています。それ以上に必要と思われる場合は本人と相談になります。
ご理解の上、連絡をいただければと思います。
2020.04.07

私も”JGFA”(Japan Game Fish Association)メンバーです。

私事ですが、”JGFA”会員として釣りを楽しませていただいております。
会社の社員も釣り好きであれば、一緒に釣りやマリンライフを楽しみたいです。
チームボートのメンテナンスも終わり、今シーズンの準備も出来ていますが、新型コロナウイルスの影響で何もできないのが寂しいです。速く収束に向かうことを祈るばかりです。
皆様もコロナ感染予防で『感染しない、感染させない』をしましょう。
2020.04.07

下水道施設内潜水作業を”スマートに”行う。

年度末に入り、年度内に手掛けていた工事の終了がバタバタとありました。
工程ではもっと余裕があったはずでしたが、少しずつズレてしまい同じような時期になってしまいました。
年明けから『新型コロナウイルス COVID-19』の影響がどのような形で洗われてくるのか心配でしたが、年度末までは予定通りの工事が完了できました。
弊社は小さな潜水会社ですが、丁寧で確実な施工でお客様の期待に応え続けられるように努力と工夫をしてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。
2020.02.09

潜水協会主催のセミナーに行ってきました。

2月5日(水) 日本潜水協会主催の『潜水実証フィールド利活用促進セミナー』に行ってきました。
当日、片道650kmを車で行ってきました。遠い!とても遠い!
講演内容・潜水人材育成について
    ・最新技術を用いた潜水について
    ・拡大する中国潜水フィールドの現状について
    ・高気圧障害発生時のホットラインについて
    ※タイトルの一部を簡略化しています。
でした。中国の潜水業界には驚かされました。すごい機材ばかりです。技術はまだまだらしいのですがすぐに追いついてくるでしょう。ただ、表面化されていませんが現場では何人もの犠牲が出ていることだと思います。潜水士は替えが利くが機械が壊れたら工事が止まってしまう!的な考えだと思います。
大深度潜水の石油・LNGプラント建設を主軸におく会社が目立ちましたが、どれだけの潜水士が死んでいるのだろうとも思いました。
今の日本を見ていると、潜水士も宮大工的な扱いになってしまうのではないかと危惧します。
2020.01.14

今年最初の大型工事です。

相模川にある浄水場沈砂池で堆積土砂の除去作業が始まりました。
世界で1台しかないと思います?が水圧式の排砂ロボットですので浄水場には安全で安心な機械だと思います。駆動系は水圧式のため水道水を使用しています。
今後、現場が増えていくことを願っています。
2020.01.06

水圧式特殊浚渫ロボット

昨年の12月より続いていました現場が終了になります。
流れの影響のある水路の堆積物の除去作業でしたが予定通り(途中修正あり)終了することが出来ました。
次回の課題も見え、少しずつスマートに作業出来るように努力します。
お疲れ様でした。